読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日のネタ

毎日ネタの宝庫。発信される情報の中から今日の話の花になるネタを。

ユースケサンタマリアは病気なのか?昼ドラ改め夜ドラの『火の粉』の主演

おかえり!ユースケ・サンタマリア

名演技で知られていた、俳優のユースケ・サンタマリアさんが、4月2日からスタートするフジテレビ系『火の粉』毎週土曜日23:40~24:35放送で、9年ぶりに連続ドラマの主演を務めることになりました。

 f:id:Hiyotena:20160215150918j:plainヤフーニュースより

 

『火の粉』は、雫井脩介氏の小説が原作で、ドラマの見どころは、『あなたの隣に住む狂気』ということ。一家殺人事件の容疑者として死刑を求刑されるも無罪となった『武内真伍』役をユースケ・サンタマリアさんが演じるようです。

 

こんなコメントも、、、

2007年の『今週、妻が浮気します』以来のドラマでの主演となるユースケさんは、インタビューに対し『主役の感覚を完全に忘れてしまいました、、、』と、とぼけつつも、『セリフの量は膨大ですが、久々に燃えています。冷たい炎をたぎらせるイメージで演じます』など、やる気十分の気持ちを伝えました。

 

『火の粉』のちょっとストーリー

ストーリーは、一家殺人事件の容疑者として死刑を求刑された『武内真伍』に無罪判決を下した裁判官の『梶間勲』の隣家に引っ越してくるところから始まり、明るい笑顔で隣家との交流を深めようとする武内に対し、梶間の娘は武内の言動を真っ先に怪しみ、梶間家で孤立しながらもその正体を暴こうとします。ちなみに、梶間の娘役は優香さんが演じています。

 

『火の粉』は、51年半の歴史にピリオドを打った『昼ドラ』を制作してきた東海テレビが手掛ける、『夜ドラ』の第1弾とされています。『オトナの土ドラ(土曜日のドラマ)』をスタッフ一同、全力で心をこめて制作します。ご期待ください!と自信を持ったコメントをしていますので、楽しみなドラマとなることは間違いないようです。

 

8年間の空白

ユースケ・サンタマリアさん、本名は中山裕介さん。一時は、ドラマや映画、バラエティ番組などに引っ張りだこで、ユースケ・サンタマリアさんを見ない日がないくらいの人気者ぶりでした。

 

バラエティ番組では明るいキャラクターで、映画やドラマでは演技のうまい名優とされていました。が、じつは、空白の8年間と言われている期間があります。このとき、ユース・ケサンタマリアは、うつ病と闘っていたらしいのです。

 

はじめのうちは、騙しだまし仕事をこなしていたようですが、その内に心と体がかけ離れていったようで、大変だったようです。

 

もともとのうつ病の原因は、バンド(BINGO BONGO)でデビューしたが、売れずに俳優、タレントとして人気が出たことらしく、納得のいかない仕事もしなければいけないという精神的な疲労がうつに向かわせたということです。一般人が芸能界にいるみたいな感覚をユースケさんは持っていたといいます。このとき、激ヤセしていくユースケさんに対し、重病説が持ち上がるくらいでした。

 

本当のところ、8年間の空白というのはユースケ・サンタマリアさんのテレビ出演が少なかったためであり、そのために消えてしまったのでは?と思われていたようです。実際にユースケ・サンタマリアさんは、ドラマや映画に舞台と出演をしています。

 


ユースケ・サンタマリアのテキトーPRに指原莉乃タジタジ 映画『薔薇色のブー子』前夜祭 痩せていますが元気そうなユースケ・サンタマリアさん

 

確かに、うつに向かっていたということなので、仕事を選び精神的に負担の少ない仕事を優先にしていたのかもしれませんね。『火の粉』(毎週土曜日23:40~24:35放送)が楽しみです。