読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日のネタ

毎日ネタの宝庫。発信される情報の中から今日の話の花になるネタを。

テレビ東京『孤独のグルメ シーズン5』松重豊さんと井之頭五郎の通じるところ

孤独のグルメ復活!

10月2日から、『孤独のグルメ Season5』が始まります。テレビ東京にて、毎週金曜の0時12分からの放送です。

 

f:id:Hiyotena:20150825152317j:plain

主人公は、俳優の松重 豊さん演じる井之頭 五郎が、営業先で見つけた食べ物屋さんにふらっと立ち寄って、めちゃめちゃ美味そうに食べたいものを食べる『至福の時間』を描いたドラマ。高名なお寺の方も、断食中の空腹を紛らわすために孤独のグルメのDVDを見ている。というくらい美味そうに食べます。

 

参考:

mdpr.jp

 

松重さんが、すごく美味そうに食べているので、見ている人の食欲を刺激してしまうことから『夜食テロ』と言われています。

 

この孤独のグルメは、孤独のグルメ/原作:久住昌之 作画:谷口ジローによる漫画がもとになっています。

 

孤独のグルメ松重豊井之頭五郎の共通点

松重さんのプライベートは孤独のグルメの主人公の井之頭五郎と通じるところがあるのでしょうか。松重さんが言うには、ドラマの撮影で地方ロケに行ったりすると、知らない商店街に行って美味しそうなお店を探しているとのこと。商店街を3~4回往復してまで選んだ店が大失敗ということもあったそうです。まさに井之頭五郎のようですね。

 

ロケに行っておいしそうなお店を探すということが、松重さんの楽しみだそうで、お店にひとりで入って、他の人が食べているのを見て『あれ、美味そうだな。』とか『こんなものがあるのか』など、まさに孤独のグルメで見せるひとコマをプライベートでしている感じ。

 

みんなの中の『あるある』が共感を生む。

チェーン店ではなく街の食べ物屋さんで、入るのに勇気がいりそうな雰囲気のお店。思い切って入れば新たな感動があるかもしれない。失敗を恐れない。というお店に入る前の心の声が、孤独のグルメでは楽しみどころですよね。みんなが持っている『あるある』で共感できます。

 

参考:

www.tv-tokyo.co.jp

 

ひとりでの食事はとても孤独になりがち。美味しくないものであっても食べるしかなく、愚痴を言える相手もいない。こんな受け身的な立場でありながら、失敗せずに『美味しいもの』を勝ち得ていく井之頭五郎は、見ている人にも共感しやすいところであると言います。

 

私たちがリアル『孤独のグルメ』をしようとしても、結構な勇気がいりますし美味しい店かどうかは賭けですからね。安全なところで知っているところを選んでしまいがち。

 

孤独のグルメ』は食べ続けるロケのため、松重さんの体調も気になりますが、人間ドックでは良好だったそうなので、金曜日の深夜がまたまた楽しくなりそうですね。

 

しかも、今作は日本を飛び出して海外へ行くとのこと。どこに行って、どんなものを食べるのでしょうか!?楽しみです。

 

参考:

dogatch.jp