読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日のネタ

毎日ネタの宝庫。発信される情報の中から今日の話の花になるネタを。

2015ペルセウス流星群が見える場所日時を諦めるな

ペルセウス座流星群を見よう!

8月12日から14日未明にかけてが一番よく見える観測のピークになりますが、残念ながら日本全国この期間の天気は良くないのです。

 

www.tenki.jp

見えるとすれば九州地方くらいかな。

 

 

見られない方へ

ペルセウス座流星群は、毎年8月に見ることができる流星群です。ベルセウス座流星群は、流星群のなかでも1~2を争うほどの流星の数なのです。

 

f:id:Hiyotena:20150813160815j:plain

流星群は、1月の『しぶんぎ座流星群』、12月の『ふたご座流星群』、そして『ペルセウス座流星群』で『三大流星群』と言われています。

 

ペルセウス座流星群が、流星群でもっとも見やすい理由として、夏なので、星を見るのに適した気候であること。夏休み/お盆休みであること。夜更かしができることなど、夜空を見上げるのに条件が整っていることが挙げられます。

 

星空を見上げていると、ペルセウス座流星群が流れますが、最も多いときで40個以上の流星を見ることができるとのこと。、あっちでもこっちでも流れ星がバンバン流れる様子を見ることができるわけです。

 

今年のペルセウス座流星群がもっとも多く見える『極大』といわれるピークは日本時間の8月13日15時30分頃でした。残念ながら日本では見られない時間帯。

 

日本で見られるピークの時間は8月12日の夜~13日未明と8月13日夜~14日未明のこのタイミングになります。

 

参考:国立天文台より

www.nao.ac.jp

 

残念ながら、一番見られるであろうタイミングの空模様は雲が多く星が見られない地域が多そうです。しかし、このタイミングが一番良く見られるということであって、実は、ペルセウス座流星群の全活動期間は7月17日ころから8月24日ころまで続くと考えられています。

 

なので、この期間で夜空を見上げたら、いつもよりも多く流れ星を見ることができるということになります。

 

星を見るぴったりの時間

・21時過ぎから0時過ぎころまで:流れ星が出始めます。

・0時過ぎころから3時過ぎころまで:いちばんよく見えるタイミング。空が明るくなり始める前がもっともよく見える。

 

見える場所

夜空が広く見渡すことができて街灯などが少ない場所がベスト。流星は街灯の明かりよりもはるかに弱いので、まわりが明るいと流れていることに気づきにくくなります。

 

あれってペルセウス座流星群なの?

流星の流れてきた方向を辿っていき、ペルセウス座流星群放射点を通るかどうかを見ます。カシオペヤ座などなじみのある星座や、ぎょしゃ座の1等星カペラなどの明るい星を見つけてみると分かります。

 

f:id:Hiyotena:20150813161345j:plain

参考:国立天文台より

 

よく見るためには

 

・肉眼で見る

流星をよく見るためには、肉眼で観察するのがいいです。全体を良く見渡せるので、肉眼で観測しましょう。望遠鏡や双眼鏡を使うと見える範囲が狭くなくので流星の観察には合わないのです。

 

・寝て見る

寝転がって広く空を見てみましょう。

f:id:Hiyotena:20150813161531j:plain

 

・15分間以上は見続ける。

15分間以上は見続けてみましょう。長ければ長いほど見える確率は上がります。星空を寝転がってみながら、お話ししながら見るのも楽しいです。