読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日のネタ

毎日ネタの宝庫。発信される情報の中から今日の話の花になるネタを。

エイリアン脂肪とは?突然死してしまう、やせていた人が実はやばい。

突然、心臓が停止。

日本人の死因の第2位が心臓疾患ですが、その危険性をさらに高めているものがエイリアンということを知っていましたか?

f:id:Hiyotena:20150722185126j:plain

『心臓に寄生し覆い尽くし、鋭いツメを心臓の血管に突き刺し、心臓を壊すエイリアン』

 

このエイリアン、本当のエイリアンではなく、まるでエイリアンのようだと比喩されてのこと。本当は異所性脂肪のことです。特に、異所性脂肪で心臓周りに付着する脂肪のことをエイリアン脂肪と呼びます。

 

 

異所性脂肪

通常、脂肪細胞はエネルギーを蓄え、エネルギーを溜めたり出したりします。余剰のエネルギーが脂肪細胞に入りきらない場合、脂肪細胞以外のところにエネルギーが集まって塊となります。これが異所性脂肪と言われます。

 

f:id:Hiyotena:20150722185158j:plain

通常は赤い筋肉の心臓ですが、この異所性脂肪=エイリアン脂肪に覆われると、赤い心臓は黄色に見えます。脂肪の色です。

 

本来の機能が裏目に

体は、本来あるべきはずのない脂肪の塊を『異物』と判断し、 白血球(マクロファージ)が、この異物であるエイリアン脂肪を排除しようと毒素を出します。しかし、この毒素がエイリアン脂肪から爪のように伸びた細い血管を通って心臓に流れ、血管内部を破裂させ、徐々に心臓を弱らせ、心筋梗塞、心停止を引き起こします。死んでしまいます。突然死です。 

 

f:id:Hiyotena:20150722185232j:plain

 

 

エイリアン脂肪が怖いのはココ。

エイリアン脂肪による自覚症状は全くありません。なので、死ぬことも予期できずに死んでしまいます。動悸や息切れ、不整脈などの自覚症状はありません。  

 

たとえば、検査しても異常がなかったのに、心臓の血管が突然詰まり心筋梗塞を起こし倒れる。ということになります。

 

 

太ってないから大丈夫!?

脂肪は肥満の人に多いものと思ってしまいがちです。

が、実は、脂肪細胞の数が少ないやせ型の人は、太った人よりも少ない量で脂肪タンクがいっぱいになります。なので、本来つくはずのない場所に脂肪が蓄積する割合が高いのはやせ型の人ということになります。

f:id:Hiyotena:20150722185323j:plain  f:id:Hiyotena:20150722185344j:plain

 

若い頃やせていて、『最近、急に太っちゃって。』という人が、実は実は、心臓に脂肪をため込んでいる可能性が大なのです。

やせているから大丈夫ということではなく、気を付けないといけないということですね。そして、太っている人は安心ということでは決してないので、あしからず。

 

 

突然死を防ぐには?

脂肪はつきやすい順番とは逆の順番で落ちていきます。なので、エイリアン脂肪は順番的にはじめに落ちていきます。

 

エイリアン脂肪の落とし方は簡単で、食事の見直しや軽度な運動を続けることで落ちていきます。生活習慣の改善と運動習慣の取り入れることで、エイリアン脂肪による突然死を劇的に少なくすることができます。

 

よく噛む。

野菜を食べる。

歩く。

夜食をやめる。

酒を控える。

が基本でしょうね。

 

www9.nhk.or.jp