読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日のネタ

毎日ネタの宝庫。発信される情報の中から今日の話の花になるネタを。

仙台うみの杜水族館の楽しさは、マリンピア松島水族館と横浜・八景島シーパラダイスが効いている!

『仙台うみの杜(もり)水族館』

仙台市に2015年7月1日にオープンしました。

 

f:id:Hiyotena:20150710144103j:plain

仙台うみの杜水族館は、『水環境をはじめとして自然の再生を見つめ、力強く未来へ向かう東北を示すことにより、訪れる人々に勇気や活力を感じてもらいたい。』という思いをコンセプトとしています。

 

仙台うみの杜水族館の運営には横浜・八景島シーパラダイスがかかわっています。横浜・八景島シーパラダイスは、水族館・遊園地・ショッピングモール・レストラン・ホテル・マリーナ等を含む複合型海洋レジャー施設です。

f:id:Hiyotena:20150710144929j:plain

企業メッセージとしてもありますが、『海・島・生きもののテーマパークとして日本でオンリーワンを目指します。』というように、他の水族館とはちょっと違いますね。複合施設名だけあって、いろいろなことができます。バーベキューだったり、マグロの解体ショーだったり。ファミリーでもカップルでも友だち同士でも楽しめる。というのがいいですね。

 

横浜・八景島シーパラダイスは、また来たいと思わせる水族館、レジャー施設なので、仙台うみの杜水族館も、震災後の復興を象徴する水族館として、仙台の観光施設として、力強く進んでいってほしいですね。

 

『仙台うみの杜水族館』の見どころ

 

・豊かな日本の海や川の自然環境を体感できる大きな水槽

特に、三陸の海を再現した幅13メートル・高さ6.5メートル・水深7.5メートル・水量990トンの超巨大水槽には、『いのちきらめく うみ』と題して、マサバ・アカシュモクザメ・マイワシ・ババガレイ・アイナメなど、50種2万5000匹の生き物が泳いでいます。

f:id:Hiyotena:20150710144215j:plain

屋根がないので、水槽に太陽の光が差し込んで、『生き物本来の色鮮やかな姿』を見ることができます。まるでスキューバダイビングをしているようです。

 

・東北最大級のパフォーマンスイベント

約1000人を収容できる『うみの杜スタジアム』で、横浜・八景島シーパラダイス出身のバンドウイルカとマリンピア松島水族館出身のカルフォルニアアシカによるパフォーマンスが見られます。

f:id:Hiyotena:20150710144254j:plain

しかも、アクリル面のないプールなので、動物との距離が近く興奮すること間違いなしです。

 

・ペンギンやアシカとのふれあい

 オタリア(アシカのなかま)やフンボルトペンギンに直接触ることができる『フレンドリータイム』も充実。

f:id:Hiyotena:20150710144318p:plain

ガラス越しでは決して体験できない息づかいや手ざわりを感じることができます。また、ペンギンと一緒に記念撮影ができるフォトコーナーもあります。

 

 

もともと、仙台にはマリンピア松島水族館という80年以上の歴史を持った水族館がありました。松島の主要観光施設のひとつとなっていましたが、うみの杜水族館がオープンするにあたり閉館となりました。ですが、マリンピア松島水族館とは飼育部門を引き継ぎ、生きもののほとんども引き継いでいるとのことです。

 

営業時間は9時~18時30分(夏季:19時30分まで、冬季:17時30分まで)

最終入館は閉館30分前までです。

入場料:大人=2,100円、高校生・中学生=1,600円、小学生=1,100円、幼児(4歳以上)=600円、シニア(65歳以上)=1,600円

年間パスポートの料金はそれぞれの倍額(入場2回分)なので、年間2回以上は来るよ!という方には、超お得となります。

アクセス方法はこちらをご覧ください。

www.uminomori.jp