読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日のネタ

毎日ネタの宝庫。発信される情報の中から今日の話の花になるネタを。

無印良品週間で思い出す足なり直角靴下秘話

無印の無印良品週間がはじまりました。6月12日金曜日から6月22日月曜日まで。

無印の商品ってどれもかわいいですよね。こどもからお年寄りまで違和感がないって感じです。特に気に入っているのは靴下です。あの直角靴下。

f:id:Hiyotena:20150612142901j:plain

無印の直角靴下のちょっとしたエピソード
雑貨の開発を担当者へ手渡されたチェコのおばさんの手編みの靴下がきっかけ。
この手編みの靴下が『直角靴下』だったようです。手渡したのは当時専務だった金井社長。それまでの靴下のかかとは120度。工場で量産できる角度が120度だったということ。それは、生産効率という点と店頭での見た目を重視したことによります。はき心地については後回しだったようです。

開発はいくつもの試行錯誤があったようで、最終的にはチェコのおばさんを日本に呼び、直角靴下のノウハウを教えてもらったそうです。

そうして、出来た『足なり直角靴下』は2006年に大ヒットし、2010には無印良品の靴下すべてが直角靴下になりました。


ちなみに、ご存じだと思いますが、
靴下には左右の区別『R』『L』があり、ちゃんと左右で編み分けされているらしいです。かかとにフィットしてはき心地がいいのが、何より気持ち良いですね。仕事用に重宝しています。

 

詳しくはこちらへ

                                 

matome.naver.jp